COLUMN

ローダウンには2つの手段があります。

車のチューニングと言えば、ホイールに次ぐ定番はローダウンですね。

車の車高を下げるには2つの手段があります。

1つは車高調です。ダンパーとスプリングをノーマルからアップデートし、ダンパー剛性のアップやフリクションを抑える等、より走りに特化した味付けや、車高やダンパーの減衰力の調整ができ、ご自身の走りに合わせて思い通りのセッティングを導きだす事が出来ることが最大の特徴です。

例えばアバルト595用でしたらSeven Performanceパフォーマンスダンパーシステムが車高調となります。こちらの商品は「アバルトをアバルトらしく街中から高速道路やワインディングをより楽しくより快適に走る事」を目的に開発を行った車高調です。

他メーカーさんの車高調と違い街乗りや高速道路などの普段使いをメインとした考えで開発を行っておりますので、ロングドライブをされた時にノーマルサスペンションとパフォーマンスダンパーシステムでは体の疲れが大きく違います。一般的に車高調は乗り味が固くなり、乗り心地が悪くなるとお考えの方が多くいらっしゃりますが、弊社のアバルト595へご試乗頂いた方々にいつもビックリして頂けています(笑)

僕たち自身も東京から日本全国へデモカーと一緒にお邪魔させて頂きますが、ノーマルサスペンションの時とは体の疲労度が格段に違います!ぜひ車高調でのローダウンをご検討の際はSeven Perfomanceパフォーマンスダンパーシステムをご検討頂けたらうれしいです。

Seven Perfomance パフォーマンスダンパーシステム

※上記画像の車両はパフォーマンスダンパーシステムを装着しています。

2 つ目はローダウンスプリングによるローダウンです。こちらはダンパーは変えずにそのまま使用しスプリングのみ交換し車高を下げます。車高調に比べてスプリングのみの交換になりますので、ご予算を押させてローダウンをお楽しみ頂けます。

ただ車高調と違い車高や減衰力等のセッティング変更が出来ないため、ご自身の走りに合わせたセッティングを行う事は難しくなります。しかしASSOの各車種用ロワードスプリングは日本の道路事情に合わせ、日本で開発を行っております。車種それぞれの特徴を捉えサンプルスプリングを何個も作り実際に走行テストを行い、納得のいく仕様に作り上げています。

例えばフィアット500X用のロワードスプリングはSUVの特徴である走破性を維持しその中でSUVにありがちなフラ付きを最大限に抑え込んでいます。

もちろんアバルト595やアルファロメオ ジュリエッタの様に全く異なる性格をしている車たちですが、500Xの様にそれぞれの車種のいい特徴を生かして、少し足りない所を補い、よりスタイリッシュに快適なドライブをお楽しみ頂ける事がASSOのロワードスプリングシリーズの特徴です。

この様に車高を下げるとしても、2つの手段がローダウンにはあります。車種によってはロワードスプリングのみ設定させて頂いている車種もありますが、ローダウンご検討されている方はぜひご参考にして頂けましたら幸いです。

各種用のロワードスプリングはサイバーショップの各車種のサスペンションページをご覧ください。

アッソサイバーショップ

※上記画像の車両はロワードスプリングを装着しております。

最近のCOLUMN

ASSO CYBER SHOP

NEWS