COLUMN

あの黄色いのってなに?

製品をリリースさせて頂いてからちょうど1年ほど経ち、おかげさまで相当な数を出荷させて頂いているFIAT500用・ABARTH500/595/695用 トップマウントブッシュですが・・・

最近はあまりありませんが、実際に製品を見て頂いたお客様に「あの黄色いのってなに?」とよく言われてきました。

なので、改めてどんな製品なのかをご紹介させて頂きたいと思います。

フィアット500やアバルト500系の車両はフロントサスペンションを車両に固定する部分はボディー側が楕円形状になっているのに対して、締め付けに使われるアッパーマウントは円錐状のラバーブッシュを使用しています。

そのため純正状態の場合、キッチリとトルクを掛けて締め付けを行っていてもボディー側が楕円形状であることによって締め付けているアッパーマウントがズレてしまい、サスペンションの取り付け位置が正しいポジションから動いてしまっています。

また、もともと消耗品ではあるのですが、アッパーマウントがズレることにより消耗が進みガタつきが出てしまい症状が酷くなるとアッパーマウントとボディとの間に隙間が出来てしまい振動や異音が発生する原因となり、サスペンションの取り付け位置が動いてしまうと、クルマが本来持つ性能を発揮することができず乗り心地や走行フィーリングに悪影響を及ぼします。

ではこのトップマウントブッシュを付けるとどうなるの?ですが、下の画像をご覧ください。

まずは装着前の画像。ボディ側に楕円形の穴が開いていて、アッパーマウントとの間に隙間が出来ています。

装着後は写真のようにボディとアッパーマウントの間に開いていた隙間を埋めて密着させることができ、サスペンションの取り付け位置がしっかりと固定されます。固定されることにより、FIAT500やABARTH500/595/695のサスペンションが持つ本来の性能を発揮させると共にアッパーマウントの延命にも繋がり、異音や振動の発生を抑制します。

サスペンションの性能を発揮させることができるため、ローダウン等の車高短仕様になっているクルマは特に乗り心地や走行フィーリングの向上につながります。

また、製品自体もただ挟み込まれるのではなくボディ側・アッパーマウント側とも、FIAT500とABARTH500/595/695専用に型取りをして成型されているため、ボディ側は楕円形状に、アッパーマウント側は円錐状に合わせたテーパー角を付ける事で密着度を向上させ、製品素材もゴムでは無くより耐久性があるウレタンを使用する事で装着後からも長くご愛用頂けるようにする等、ASSOの拘りが詰まっています。

お陰様で発売開始から大好評を頂き、今年の4月頃から欠品状態が続いてしまいましたが現在では供給体制を整え販売を行っております。

製品のご購入に付いてはお近くのフィアット・アバルト正規ディーラー様、スペシャルショップ様、ASSO CYBERSHOPにてお願い致します!

最近のCOLUMN

ASSO CYBER SHOP

NEWS