COLUMN

ASSOの原点

先日、ASSOがデモカーを作っていくときの方向性のようなものに付いてコラムを書かせて頂きましたので、今回はASSOの原点であり主力製品の「ホイール」に付いて書かせて頂きます。

僕たちASSO INTERNATIONALは今でこそ、Alfa Romeo / FIAT / ABARTHにお乗りのオーナー様がより愛車との生活を楽むためのお手伝いをホイールやカスタムパーツを通じて微力ながらさせて頂く事を目指していますが、創業当時は世界で初めてセンターロック機構のホイールを一般乗用車向けに開発・販売を行っておりました。※創業からのストーリに付いてはまた別の機会に書かせて頂きます。

創業当時から一貫してアフターマーケット用のホイール開発・販売を続けてきたノウハウを活かし、次のステップとして当時では無かった車種専用設計の1ピース軽量アルミホイールとして日本で初めてAlfa Romeo専用の製品開発を行いました。

その名前が「Partire」(パルティーレ)。イタリア語で旅立ちや出発という意味を持つ言葉でまさにASSOが初めて専用設計&専用デザインでAlfa Romeoというイタリアの伝統と歴史のベンチマークに挑戦する、次のステージへ向かうんだ!という意気込みを込め、ブランド名とさせて頂きました。

当時はAlfa Romeo156と147が世界的な成功をおさめ日本でも人気を博し、Partireは多くのALFISTAの方々にご愛用頂き、さらにオーナー様からの声がサイズバリエーションや派生モデルのデビューへと導いて頂け、今では4デザイン・16種類のシリーズラインナップ【Partire ・ PartireMODA ・ PartireCLASSICA ・ PartireAQUILA】があり、全てが今ではAlfa Romeo・FIAT・ABARTH専用となっています。

また、現在は販売を終了となっていますが、ASSOの鋳造ホイールラインナップとしてはパルティーレシリーズの他に【Stradista・Scdetto・Spada Dieci]という3モデルも多くのお客様にご愛用を頂いておりました。

そして、当時から現在まで多くのオーナー様にご愛用頂いているパルティーレシリーズはそれぞれのモデルが、マッチング対象となる車両に合わせたデザインコンセプトの他に共通のシリーズコンセプトを持っていて、それは「専用設計・軽量・高精度」の3つになります。

このシリーズコンセプトをベースに鋳造ホイールの性能を最大限発揮できるよう設計を行い、何度も金型の修正を行いながら各モデルは凡そ1~2年の開発期間を経て、量産化されています。

先述したデザインコンセプトに付いては主観的な部分ではありますが、多くのお客様に共感頂ける事を目指すと共に「自分ならこのクルマにはこんなホイールを履きたい」という思いをはじめに社内でぶつけ合い、イメージを作ります。

もちろん、実際に設計をするにあたり工場のご担当者から強度的な部分で修正が入るのですが、その際も妥協することなくイメージに近い形でしっかりと強度を確保できるように知恵を絞るのですが、この過程では多くの方々にご意見やお知恵を頂き形にしていく事になります。

文才が無い自分が情けなくなるのですが、Alfa Romeo / FIAT / ABARTH専用の設計とデザインで作られる日本で唯一の鋳造ホイールブランド「Partire」にはASSOの想いと拘りと歴史が詰まっています。

今回はパルティーレシリーズに付いて書きましたが、次回以降はパルティーレシリーズの各モデルについてもっと掘り下げてコラムを書いてみようと思います。

今回も長文・駄文にお付き合い頂きありがとうございました。

 

 

 

最近のCOLUMN

ASSO CYBER SHOP

NEWS