EXTERIOR
INTERIOR

  • HOME
  • アルファ・アバルト595・フィアット500用のエアロ・カーボンパーツ

オリジナルのラインを崩さずに
抜群のフィッティングを誇る
エクステリア/インテリアパーツ

ASSOではエクステリア・インテリアパーツに様々な素材や製造方法を採用しています。中でもカーボンパーツはウェット製法、オートクレープ製法(ドライ)そして新製法のインフュージョンとパーツや装着する部分などにより製法を使い分けています。それぞれの製法の特徴を捉え、使用する部分や製品特性等に合わせて製法を使い分けます。

例えば、フロントリップやディフューザー等のパーツが大きくなる場合はインフュージョンやオートクレープ製法を採用し、パーツ自体の重量が重くならない事や、エアロダイナミクスを考慮したデザインでアイテムを生産する事が出来る製法を採用しています。またキーカバーやシフトノブ等は高い精度を誇る金属加工技術を採用し、アルミの削り出しで作成し、オーナー様の手により馴染むデザインをMade in Japanで生産しています。一見走りに影響のなさそうな部品でも一切の妥協をせず、職人さん達と常にコミュニケーションを取り、生産を行っているのがASSOのエクステリア・インテリアパーツなのです。

カーボンパーツ

ハイクオリティーカーボンの仕上がりを。
カーボンパーツの製造方法には大きく分けて3つの製造方法があります。それぞれの製造方法と特徴を把握し、装着する部分や製品の特性にどの製造方法が合うか、エアロパーツならより効果を発揮できるか等を考え、製品開発に生かしています。もちろんお車へ装着した際のフィッティングは安心のJapanクオリティです。

インフュージョン カーボン

聞きなれない名前のインフュージョン カーボン。
インフュージョンとは今までになかった新しいカーボン製品の製造方法です。インフュージョン成形法は、真空圧を用いたクローズドモールド成形法で、圧力をかける事で製品中に含まれる水分を抜き、高密度・高強度でありながら超軽量なカーボン製品が成形できます。このためハイスペックな市販車両等では、車体構造の構成部品にも使用されています。

アルミニウム

日本の加工技術の高さを活かした製品を世界へ。
アルミキーカバーやアルミシフトノブ等のインテリアやアクセサリーに使用している製造方法はアルミの削り出しです。この製法は精度が命。職人による緻密な仕事が製品のクオリティを大きく左右します。ASSOのアルミ製品はまさに匠の領域です。フィッティング、手触り共に最高の仕上がり。Made in Japanのクオリティをぜひご体感ください。

代表的なラインナップ

【Seven_Perfromance】インフュージョンカーボン フロントリップ

ウェットやオートクレープ(ドライ)とは異なるる全く新しい成形方法「インフュージョン」製法を採用したのが、Seven_Perfomanceインフュージョンカーボンシリーズです。インフュージョンカーボンフロントリップはアバルト595が持つデザインを活かしつつ、レーシングカーの様な滑らかな曲線を持つフロントデザインにする事で、カーボンが持つ攻撃的な印象と、派手過ぎない都会的な印象を併せ持つフロントリップに仕上げました。

【Seven_Performance】インフュージョンカーボン リアディフューザー

カーボンの成形方法にはウェットやオートクレープ(ドライ)と言われる製法があります。この2つの製法とは異なる全く新しい成形方法に「インフュージョン」と言う技術があります。この製法を採用したのがSeven_Perfomanceインフュージョンカーボンシリーズです。リアディフューザーは製品が大型とな為、インフュージョン成形が持つ特徴を生かし、レーシングカーの様なインパクトのあるデザインと、清流効果がより高くなるデザインを実現しました。

【Ino la design】
【Cuore】
アルミキーカバー

車に乗るたびにいつも触れ、持ち歩く車のキー。大切に扱っていても小さなキズがつくこと、ありますよね。キー本体へキズや衝撃がかかるのを防ぎながら、さりげなくカッコいい、そんなアルミ削り出しのキーカバーです。Made in Japanの高精度な加工技術。毎日手に触れるのが楽しみになるスタイリッシュなキーカーバーは、アルファロメオ ジュリエッタ、フィアット500・500X、アバルト500・595・695/124用をご用意しています。