BRAKE

  • HOME
  • アバルト595・アルファロメオ・フィアット用ブレーキパッド・ローター

踏力に合わせて制動力が反応する
コントロール性を重視

ASSOではアルファロメオ・フィアット・アバルト オーナー様の様々なお声に応えられるブレーキパーツを開発&販売を行っています。サーキット走行やワインディングを「攻める走り」を行う際に必要なスポーツパットやPFC社とのコラボレーションによる生まれたV3ビックローターキット等スポーツ走行を行うユーザー様向けのアイテムから、街乗りをメインとし、ホイールやエアロパーツ等でドレスアップを楽しんでいるけど、欧州車特有のブレーキダストの多さに頭を悩ましているユーザー様向けのストリートパット等、様々なシュチエーションに対応するブレーキアイテムを取り揃えています。

アバルト595や695・124スパイダーに、アルファロメオ147/156 GTAにMITO等でスポーツ走行を楽しむ方も、フィアット500やPANDAに500X、アルファロメオ ジュリエッタ等でドレスアップを楽しむ皆様にお喜び頂けるブレーキアイテムです。

SPORTS PAD

あのクリップへ-0.8秒、5km/hのアドバンテージを。
ハイグリップラジアルタイヤやスポーツハイグリップタイヤを装着し、ワインディングやサーキットのスポーツ走行を楽しむAlfaRomeo/FIAT/ABARTHユーザー様にお勧めするスポーツパット。

STREET PAD

イタリア車のブレーキダストの多さ気になりますよね?
街乗りをメインにお車に乗られている方でも、洗車をしたばかりなのにホイールが直ぐに真っ黒になってしまう。そんな悩みをお持ちの方はぜひストリートパットをお勧めします!ブレーキパットを交換して1週間で効果を体感できます。

ROTOR

ローターの性能がブレーキパットを活かします。
ローターの加工精度や耐温度性能が低いとローターが変形してしまい、パットがローターへしっかりと密着をしなくなり、ブレーキ性能の低下につながってしまいます。その為、ローターの加工精度と放熱の効率化はとても重要なのです。

代表的なブレーキパーツ

0.8秒のアドバンテージ
スポーツパット各種

イメージと実際の制動力がリンクするかの様な車との一体感、カーボンメタルパットはスチール繊維を多く含む為、ローターへの攻撃性が高かったのですが、CervoPiede/スポーツパットは素材にロースチール材を採用する事で、ローターへの攻撃性を大幅位に定価させる事に成功しています。さらに新素材の研磨剤と酸化物を配合する事により、セミメタル剤と同等のワイドな温度域を実現し、高温効力と安定した制動力を獲得しています。

ダストと鳴きを極限まで抑えた
低ダスト ストリート パット

アルファロメオ・フィアット・アバルトに乗り出して、まず最初に気になるのがブレーキダスト。そんな悩みを解消するのがASSOのストリートパット。ダストの少なさはもちろん、ブレーキフィーリングは損なわずダスト量とブレーキ鳴きを軽減する事を目的に車種別に専用開発。ジュリエッタやジュリアの様に車重のある車両からフィアット500やアバルト500/595/695等の様に軽い車両までそれぞれに合わせて専用設計されています。

Seve_Performance V3ビックローターキット made by PFC

PFCとはインディーカー等の競技用車両からハイスペックスポーツカーで純正採用のアメリカのブレーキメーカー。踏んだ瞬間に分かる明らかなアドバンテージは、ローターの精度の高さによる「コントロール性の良さ」。パットの能力を最大限に引き出すために歪みの抑えを追求し、さらにPFC社の技術を注ぎ込むアバルト595/695専用に開発を行いました。純正ローターよりも外径が大きくなるため、ストッピングパワーも増大します。